• ホーム
  • オーリスタットとおかゆで下っ腹の脂肪を取る

オーリスタットとおかゆで下っ腹の脂肪を取る

2019年07月24日

下っ腹がポッコリするのは40代の女性に多いです。
子宮や卵巣など大切な器官を守るために、皮下脂肪が付きます。
またお腹まわりを支えている腹横筋が年齢とともに衰えて、姿勢が崩れることで下っ腹に脂肪が溜まりやすくなります。

下っ腹を引き締めるためには、オーリスタットという成分が役立ちます。
オーリスタットはダイエット効果がある成分で、食事をたくさん取っても脂肪分を30%便として排出する作用があります。
オーリスタットはアメリカでは医薬品としての許可を得ており、副作用が少ないので安心して服用できます。

そしてオーリスタットの服用に加えて、おかゆダイエットを実践するとさらに効果的です。
おかゆダイエットは運動することが苦手で炭水化物もしっかり食べたい人におすすめです。
1食を白米からおかゆに変えることで、摂取カロリーを減らす効果があります。

ご飯1膳ではおよそ200キロカロリーですが、おかゆは半分のおよそ100キロカロリーに抑えられます。
温かくして食べるため、体温が上昇して新陳代謝がアップします。
また早食いを防止するため、満腹中枢を刺激して少ない量でも満足できます。
より効果を出すためには、多くの水を米に含ませて米の量を減らします。

脂肪を溜めないためにおかゆは夕飯に食べます。
日中は交感神経が優位に働いているので、脂肪を分解して燃焼させます。
副交感神経は夜に優位になり、栄養を吸収して脂肪を溜め込む作用があるので、夕飯以降に食べたものは脂肪になりやすいです。
よって夕飯にカロリーを抑えると良いです。

おかゆダイエットは長期的に行って結果が現れます。
トッピングに低カロリーな梅干しや昆布などを乗せて飽きない工夫が大切です。