• ホーム
  • オーリスタットと併用でビタミン錠を!

オーリスタットと併用でビタミン錠を!

2019年05月24日
お腹の脂肪を心配する男性

ダイエットのためにオーリスタットを服用される場合は、必ずビタミン剤を同時に飲むことをおすすめします。
そうしないとこの薬の作用によるビタミン不足で、健康を害する可能性があるからです。

なぜビタミン不足になるかというと、オーリスタットは簡単に言うと、脂肪を消化管で素通りさせて体内に吸収させないようにする薬だからです。
素通りするのが脂質だけならいいのですが、困ったことにビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性のビタミンも、オーリスタットの作用によって吸収されずに排出されてしまうのです。
ダイエット中は食事が偏ってビタミンの摂取量自体が少なくなっていることがあるので、問題はさらに深刻になってきます。

脂溶性ビタミンの不足はさまざまな症状を引き起こします。
まずビタミンAが不足すると、夜盲症、皮膚の乾燥、免疫力の低下などが起きます。
ビタミンDの欠乏は骨粗鬆症、ビタミンEの欠乏は溶血性貧血、ビタミンKの欠乏は血友病に類似した症状を引き起こします。
どの欠乏症も普通は発展途上国でしか見られないのですが、オーリスタットの服用によってビタミンの吸収が阻害されると、先進国の国民であってもこれらの症状を経験する可能性があるのです。

これを防ぐためには食事に気をつけるのももちろん大切ですが、やはり予防のためにビタミン剤を服用しておいたほうがいいです。
オーリスタットによって吸収が阻害されるのは脂溶性ビタミンだけなので、水溶性ビタミンについては特に服用する必要はありません。
ただし脂溶性ビタミンだけを含むビタミン剤というのはあまり売られていないので、別に水溶性ビタミンを一緒に含んだマルチビタミンを飲んでもいいでしょう。
水溶性ビタミンは過剰に摂取してもすぐに体外に排泄されるので害はありません。